100切り攻略

挑む!・・・大袈裟だなぁと思われた人も居ると思いますが100切りを目指すゴルファーには、ロングアイアン同様まず必要の無い難しいクラブです。ティアップしてれば打ててもボールの位置が低くなった途端、難易度が上がります。

それは ...

100切り攻略

距離のあるPAR4やロングホールでティーショットがラフ・・・。

こんなとき、次のセカンドショットでクラブの選択に悩まされる事があると思います。100切りに必要な判断は迷わずPW、9Iといったショートアイアンを選択する事です ...

アプローチ攻略, 100切り攻略

通常のアプローチでは、①ゴルフボールを右足寄りに置くだけで自然と出来るハンドファーストの構え。②テークバックは、インに引きすぎないように意識。③右手首の角度をキープしたまま南半球にインパクト。私の意識してる事はこれだけです。

100切り攻略

100切を邪魔するティーショットでのドライバー。真っ直ぐ飛ばせる気がしないという人や、曲がってOBになってしまうのが怖くてドライバーが持てないなんて人も。使わないのも一つの方法ですが、一番コントロールが難しいこのドライバーを使いこなし ...

100切り攻略

100切にはアイアンの安定が欠かせません。それなのにフルスイングでぶんぶん振り回していては、いつまで経っても精度が上がらずスコアは崩れるばかりです。アイアンに必要な要素は、飛距離でなく方向性です。狙った場所に打てるようになるかが、10 ...

100切り攻略

100切りしたい!と思っても、ただやみくもに練習するだけではなかなか上手くいきません。自分の弱点を把握しそこを重点的に練習することが大切です。ん?なんだか受験勉強みたいです(*’-‘)フフ♪ 自分の弱点を知るに ...

アドレス攻略

はじめにティーグラウンド (tee ground)とは、ティーインググラウンド(teeing ground) とも言われる各ホールのプレーをスタートするための2つのティーマーカーによって定められた奥行き2クラブの長さで囲まれた長方形の ...

パター攻略

スコアの中でパットが占める割合は約40%と云われております。100なら→40、90なら→36、80なら→32、70なら→28。この数字より普段のパット数が多い人は苦手と言えるでしょう。私もその一人です。

自由度も高く、ふと ...

アドレス攻略

早速ですが・・・アドレスでの重心は親指の付け根あたり、拇指球に重心を乗せる事がスイングの基本になります。この時、内側に体重をかけると自然に拇指球に自然に体重が乗ります。重心の感覚が掴みにくい方は前傾が助けになりますのでセンター、土踏ま ...

アドレス攻略

思うような球が打てない時、ふと「自分のグリップは正しいのだろうか」と、考える事があると思います。特に真剣にゴルフに取り組んでいる方ほど考え抜き、正解を求めようとします。

『スクエアグリップ』『ウィークグリップ』『ストロング ...