スイング改造計画 グリップ圧とグリップの絞り

ドライバーやフェアウェイウッド、ユーティリティでは気にならない。アイアン時に、時折訪れる嫌な感覚。そんな時はショットもボロボロに。逆球が出る事も~( ´·︵·` )~

そんな嫌な感覚はトップでの事。オーバースイングや肘・手首の角度を疑って来たが、原因はグリップでした。飛距離が欲しいドライバーやフェアウェイウッドでは、緩く握りヘッドを走らせる。その意識が強すぎたのか・・・いや単純に慣れによる慢心です。右親指と人差し指が作るV字が緩んでいる為、トップでのシャフトの垂れが原因です。

原因が解ったので早速修正です。٩(ˊᗜˋ*)و

右手のグリップ圧をいつもよりギュっと・・・。そんな事をしたら手首が使えなくなってしまいます。修正は、いつもより右手の人差し指のみ、少し力を入れます。あとは大切なのに忘れていたグリップの絞り!これだけです。

絞り方の確認になりますが、左手の小指・薬指の2本と右手の親指・人差し指の2本、双方を内側に絞るようにグリップします。逆に絞ってしまうと両肘が外を向いてしまいます。内側に絞る事により両肘の間隔が締まり、テークバックで左肘が緩まなくなり、右脇の開きも抑えられます。ただし、やり過ぎて腕が力まないようにです。

グリップ圧おまけ

単純にグリップ圧を強くするとコックやヒンジなんて関係なく、手首が使えず、ただ棒をぶんぶん振っているだけになります。あとはテークバックの際、身体では無く手や腕でササっとクラブを上げてしまい、テークバックは早いけど肩が入って無いスイングになりがちです。逆に、アプローチやショートアイアンで手首を使いたく無い時は、強く握る事により方向性や精度が高まります。

本日のまとめ

結構長い間悩まされた、時折訪れた嫌な感覚。原因も解りめっちゃすっきりしました。ショットも安定してよい感じに☆.。.:*(嬉´Д`嬉).。.:*☆ベスト更新に期待です。グリップ圧は緩いと手首が使え、強いと使えません。飛距離が欲しいドライバーと方向性や精度を求めるアプローチ等の時では、当然変わってきます。そしてパターでも。グリップは「クラブと体の唯一の接点」 是非皆様も、なんか最近・・・。 なんて時はチェックしてみて下さい。そして大事なグリップの絞りを忘れずに_(._.)_