本革ゴルフグローブも水洗い そして青いカンカン

ラウンドや練習で使う度に汚れていくゴルフグローブ。汚れだけならまだしも汗をたっぷり吸って、いざ使おうとしたらパリパリ・・・なんて事も。また、このパリパリグローブを無理やり使おうとすると破れてしまう事も。そんなゴルフグローブ、お手入れの方法を天然皮革・合成皮革で簡単にまとめると・・・

天然皮革
洗濯不可。水と共に油分が流れてしまいパリパリになります。

合成皮革
洗濯可能。ぬるま湯で優しく手洗いは可能になります。

消臭スプレーは、色落ちや天然皮革の場合硬くなる場合があるのでご注意を。だったら洗える合成皮革が良いのかというと、個人的には臭いが残り易くあまり好きではない。なので天然皮革を使用しています。そして・・・洗います٩(ˊᗜˋ*)و 洗うと油分を奪ってしまう。それなら油分を塗り込んであげましょう。どうせ汗でパリパリが酷くなってきたら同じ事です。

今回のパリパリさん、NIKEの天然皮革と合成皮革の組合せグローブ。そしてKASCOの天然皮革グローブになります。

ぬるま湯で優しく濡らしたら特に意味はありませんがグローブを装着し、手洗い同様に軽くですが擦り洗い。軽く絞りタオルやキッチンペーパーで水気を取ります。そしてここから私は両手にハンドクリームヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 再度グローブを装着し反対の手のクリームで外側に塗り込みます。指先には少し多めに塗りますが全体的に塗り込み過ぎにはご注意下さい。不足分は乾燥後に再度塗り足してあげれば良いだけです。あとは形を整えて陰干しするだけです。乾燥後の状態がこちら。水洗いで真っ白にはなりませんが大満足です。

本日のまとめ

注意して頂きたいのは、本来消耗品であるゴルフグローブは洗濯をしてはいけないということです。洗ってしまうと革製品に含まれる油分を奪ってしまうのでグローブの寿命を縮めることになります。基本的に、ゴルフグローブのお手入れは「陰干し」です。その際、専用ハンガーのゴルフグローブキーパーを使うと型崩れも防げます。また油分塗り込む際は付け過ぎにはご注意を。そしてハンドクリームが気になる方は、野球グローブ等の革専用商品もおすすめです。ま、私はニベアのハンドクリームでじゅうぶんですが٩(๛ ˘ ³˘)۶