ゴルフ初心者必見! 100切り用『ラフからのアプローチショット』

通常のアプローチでは、①ゴルフボールを右足寄りに置くだけで自然と出来るハンドファーストの構え。②テークバックは、インに引きすぎないように意識。③右手首の角度をキープしたまま南半球にインパクト。私の意識してる事はこれだけです。

ゴルフボールを上写真の地球で例えるなら、赤道から下の青色部にクラブのエッジ(刃)を入れてやるだけでスピンも効くアプローチが打てます。初心者の人は、つい地面から0センチの位置、ボールと地面の接地面に刃を入れようとしているからダフってしまいます。ボールの大きさは直径42.67ミリ以上、つまり地面から2センチまでの所に刃が入れば勝手にナイスショットに。

ただし、注意点はインパクトにかけての手首です。インパクトにかけて手首を使うとすくい上げる動きとなり、ボールの手前を打ってしまったりせっかく南半球に刃が入っても入射角が悪い為にトップになったりしてしまいます。

 

さていよいよ本題、まず一言「めっちゃ難しいですよね」

芝が絡むことでゴルフクラブへの抵抗力が加わりクラブヘッドが失速する為、距離感を合わせるのが非常に難しいです。

 

100切り用ラフからのアプローチのポイント

1 状況確認
ラフからアプローチと言っても状態は様々。浅いラフであればそれほど難しく考えず、通常のアプローチと同様に打つことを心がけましょう。難しいのが深いラフ。まずは、ボールが浮いているのか沈んでいるのか。そして、芝は順目か逆目かをしっかり見極めることも大切になってきます。

2 抵抗確認
ラフからの距離感は、ボールを打ってからのクラブの抜けが大きく左右します。抜けが良ければ飛びますが、抜けが悪ければ全く飛びません。ラフが順目の場合は芝がそれほど絡まないため、心配はありません。毎回素振りで確認する癖をつけとけば順目・逆目での抵抗の違いが把握しやすくなります。

3 最難関逆目のラフ
それほど深くボールが沈んでいる状態でなければ転がすことも可能ですが、半分以上沈んでいるとそこから転がすのも困難になります。浮いてる場合であれば、クラブエッジ(刃)からフェース面に意識をうつし横から払い打ちしましょう。SWよりPW等ロフトが立ってるクラブの方が打ちやすいです。またボールに近づきヒールを浮かせたパター打ちやUT・FWの使用もおすすめになります。くれぐれも「ダルマ落とし」にならないように注意して下さい。沈んでる場合は、出すことが最優先。イメージはバンカーショットです。確実にグリーンに乗せ、次はパットができる状況につなげましょう。

 

本日のまとめ

グリーン周りにはラフが必ずあり、ラウンド中は何度もアプローチを打つ機会が来ると思います。この一打で100切りが出来るかにも大きな差が出てきます。芝の抵抗に負けないようにヘッドをしっかり加速させましょう。力の入れすぎはダメですがいつもよりグリップも短くしっかり握る事も大事です。最後に逆目の沈んでるボールはプロでも難しいと言われています。ミスをしても気を落とさず『コレはしょうがない一打!』と気持ちを切り替えホールアウトまで頑張りましょう。