ゴルフ初心者必見! 100切り用『ドライバーショット』

100切を邪魔するティーショットでのドライバー。真っ直ぐ飛ばせる気がしないという人や、曲がってOBになってしまうのが怖くてドライバーが持てないなんて人も。使わないのも一つの方法ですが、一番コントロールが難しいこのドライバーを使いこなし飛距離が出せれば楽しみは倍増です。

ミスショットに繋がる間違った動きをしっかり把握し、正しい打ち方のポイントを押さえれば初心者でも気持ちよくドライバーショットを打てるようになります。まずは基本になる3点です。

 

ドライバーミスショット

大振りによるミス
大きく振りかぶればそれだけ飛距離が出るように思ってしまいますが、スイングが大きいほど体の軸はブレやすくなりミスショットに。まずは軸を意識したコンパクトな打ち方を目指すことによってミート率が上がり確実にナイスショットすることが出来ます。

振り切れず飛距離不足
OBを出したくない気持ちが、意識しないうちに自然とスイングを弱めてしまう事に。素振りと実際に打つ時でスイングが全く違う人は要注意です。ドライバーで飛距離を出すにはインパクト前後にかけてヘッドを加速させ振り抜くことが大切です。スイングをした時に、体の左側で風を切る音がすればインパクトにかけて加速できている証拠です。

打球が伸び上がらない
球が上がらない要因に過度なダウンブローがあります。ドライバーには球を上げる為のロフト角が備わっています。上から打ち込んでしまうとロフト角が立って低弾道の球になってしまいます。ドライバ―で飛距離を出すためにはヘッドの軌道が上昇していくときに球を捉える事が大切です。竹ぼうきで地面を掃くような打ち方を意識し、力を抜いて水平に捉えることが出来れば高弾道の球が打てるようになります。

 

上記3点に気をつけ打てるようになると次にやってくるのはゴルファーの悩みランキング1位の『ドライバーのスライス』でしょうか(´д`、)

 

原因はたくさんありますが、結論はインパクトでカット打ちになってしまってるという事です。

 

カット打ちになってしまう原因と改善法

フェースの開き
インパクトでクラブフェースが開いた状態だと当然スライスになってしまいます。インパクトでクラブヘッドをしっかり閉じることが大切です。もしくは、まずはアドレスの時点で少しヘッドを閉じた状態からスイングをスタートさせてみる事も効果的な方法です。

力みによる振り遅れ
力いっぱい回転させた体に腕が遅れ、そしてクラブも遅れてきてしまうと「振り遅れ」の状態になってしまいます。その結果、ドライバーのフェイスが開いた状態でインパクトを迎えスライスが発生します。どのクラブにも言える事ですがドライバーは長く、ヘッドが重い分その影響が大きいのです。これを改善するもっとも良い方法は『力を抜く』です。ただし力を抜くといってもスイングを遅くしたり小手先で調整したり、スイングを弱めるのとは違います。

体の開きが早い
トップからの切り返しで左に体重を乗せる際、顔が左を向くとそれにつられて体も開いてしまいます。切り返しでどうしても体が開いてしまう人は顔の正面を適度に右に向け続ける意識を持つと、頭を残せ体の開きを抑える事が出来ます。

 

本日のまとめ

ドライバーはヘッドに重みがあり長さもあるので、普通に持った時と振った時では感じる重さも違い振り遅れやすいクラブです。決して力まずリラックスした状態で打ってみてください。力まなければミート率・方向性がアップするので、思いっきりフルスイングした時と比べても何十Yも変わらないと思います。それより飛距離は少し落ちてもスライスせず、狙った所に飛んでくれた方がスコアアップ&100切り間違い無しです(*’-‘)フフ♪