ゴルフ初心者必見! 100切り用『アイアンショット』

100切にはアイアンの安定が欠かせません。それなのにフルスイングでぶんぶん振り回していては、いつまで経っても精度が上がらずスコアは崩れるばかりです。アイアンに必要な要素は、飛距離でなく方向性です。狙った場所に打てるようになるかが、100切りの大事なポイントになります。最近調子が良かったのになんだか急にアイアンが・・・そんな時、次の3つのポイントを確認してみて下さい。

 

突然のアイアン不調 ポイント3点

力んで振り遅れ
打った瞬間右に飛び出してしまうプッシュアウト。アイアンでも多い方向性のミスの1つです。大きな原因は振り遅れによりフェースが開いたままインパクトしている事です。ついつい力いっぱい振ろうという意識が強すぎて体の回転が先走り、腕が付いてこない状態です。アイアンの方向性には体の回転と腕の正しいタイミングが不可欠です。

 

ライ角の乱れ
ライ角とはクラブを地面に平行に付けた時、地面とシャフトの間に出来る角度の事です。アドレス時アイアンはクラブをソールせず構える事をおすすめさせて頂きましたが、クラブのトゥ側を少し持ち上げて構えます。

インパクトでトゥ側が下がるとスライスが出やすくトゥ側が上がり過ぎるとフックが出やすくなります。スイングが安定してきたのに、どうしてもフックが強い。という人は適正よりもアップライトな可能性があります。

 

スイング軌道の乱れ
インパクトでクラブヘッドがアウトからイン、インからアウト。飛球線上をまっすぐ走っていない為に方向性が悪くなります。アイアンで大事なのはインパクトを点ではなく線、インパクト前後でヘッドをターゲット方向に真っ直ぐ移動させることが鍵になります。

インパクト前後にヘッドを飛球線上に沿って真っ直ぐ移動させることが出来ると、ボールをしっかり押し出すことができるので球筋が安定します。ただし、無理やり右手で押し込むとヘッドが前に出てシャンク、またダフりの原因になってしまいます。左手の甲でターゲット方向に押し込んでいきましょう。

 

本日のまとめ

中距離のアイアンショットでは正確性と共に、ある程度の飛距離も出さなければいけません。その意識が力みを生み、上記のようなミスをしてしまう可能性が高くなります。方向性を意識して左手の甲の部分でゴルフボールを低く真っ直ぐ押し込んでみましょう。押し込む感覚を掴むにはハーフショットでの練習が本当に効果的です。