ゴルフ初心者必見! アイアンの『コントロールショット』

ショートホールや2打目、3打目の場面では微妙な距離でのアイアンショットの場面が多く訪れます。一番やってはいけない事はスイングの強弱で帳尻を合わせようとすることです。

わかってはいるのですが7Iでは少し大きいから8Iを。ちょっと力入れて打てば・・・なんてついついやってしまいます。こんな時は7Iを90%程度の力で打つ攻め方をオススメします。短いアイアンの方が安心かもしれませんが、飛ばそうと力みミスの確立が上がります。

ただし90%程度の力に抑えて打つといってもスイングを遅くしたり、小手先で調整しようとするとトップやダフりの原因となります。いつものスイングはそのままで、フィニッシュの高さを抑える事で調整出来ます。

これだけでもじゅうぶんですが、折角なのでアイアンのライン出しもマスターしピンを狙い撃ちしちゃいましょう。

アイアンのライン出しとは
コントロールショットの事で方向性を重視し低めの弾道で確実にピンを狙っていくショットです。フルスイングより振り幅を抑え、インパクト前後のヘッドの軌道を優先する事で確実にクラブの芯でボールを打って方向性を安定させるショットです。

 

ライン出しショットのポイント

ボールの位置は少し右
通常のアイアンのボール位置よりも若干右寄りにセットしましょう。左側に置いてしまうとアイアンのフェースが開いてミスしてしまう可能性が高くなります。

グリップを短く持つ
通常のグリップの位置よりも少し短く持ちます。短く持つ事でコントロール性とミート率が高くなります。ただしその分、飛距離が通常より落ちるので番手にはご注意下さい。

フィニッシュを小さく
普段のショットでは大きなフォロースルーを心掛けることが大切ですが、ライン出しショットでは必要ありません。ヘッドが腰~肩の高さにきたら止めるイメージでフォローを取ってみましょう。

今や世界の小平プロ、その極意はこちらに

 

本日のまとめ

力んで100%以上の力でボールを打とうとすると、安定性が下がりミスショットの確立が高くなります。中途半端な距離で、クラブ選択に迷った時は必ず上の番手を選びましょう。そしてコントロールショットです。

アイアンは狙った所に落とすクラブです。そう自分に言い聞かせ、正確に狙える飛距離を120Y・130Y・・・150Yと伸ばし皆さんに負けずに頑張ります( ´∀` )