ゴルフ初心者必見! 肩は『縦に回す?』『横に回す?』

肩を『縦に回す』とか『横に回す』なんて言葉を耳にすると思いますが、初心者の人は意識するのは止めましょう。え?なんで?と言われそうですが、意識しなくても普通にスイングが出来るようになっていれば正しい肩の動きになっているからです。

 

肩の基本的な動き

バックスイング時に左肩を真横に回して腕も真横に回して行けば、そのスイングのトップ位置は右肩位置よりも低い位置になります。でも、そんな人はいません。前傾してるからです。ボールが斜め下にあるから前傾姿勢をとり、肩のラインを斜めにしている訳で真横に動かすだけであれば前傾の必要もありません。逆に背骨が地面と垂直に近くならないと縦にも回せません。

前傾角度は人により異なります。背の低い人やスタンスの広い人は前傾が浅く、肩も横回転に近い斜め。背の高い人やスタンスの狭い人は前傾が深く、肩も縦に近い斜めの動きになります。もちろんクラブの長さによっても異なります。

 

実際の複雑な動き

簡単なイメージは前傾に垂直な動きとなりますが、実際には複雑な動きになります。前傾姿勢をとり捻転していくと、腰と肩が平行に回っていくとイメージしがちですが腰と肩は違う角度で回り上半身はアコーディオンのような動きになります。

トップの状態を飛球線後方から見ると明らかで、両肩を結ぶラインは両腰を結ぶラインよりも急角度で地面を差しているのが解ると思います。この時に左肩と左腰の間隔は縮まった状態、右肩と右腰の間隔は伸びた状態になることが解ると思います。

ここから切り返しで左足を踏み込むと、縮まっていた左肩と左腰の間隔が今度は伸ばされます。その反動で右肩と右腰の間隔は縮みます。これが『肩を縦に回す』動きとなりますが個人的には勝手に下がるイメージです。上半身をトップの形のまま残しておけば、下半身の動きに従って自然に腕も引っぱられて下りてきます。

大事な点は勝手に下がるです。意識して下げれば下げるほど、ダフリとすくい打ちになります。あとはクラブを目標方向に振っていくわけですが、私の場合は身長・スタンス通り横回転に近い斜めの動きになります。

 

本日のまとめ

縦回転?・横回転?これは身長やスタンス、またトップの位置でも変わってきますので人それぞれで良いんでは!と思います。前傾角度を保ったまま水平回転を意識しても腕は縦に動く為、肩は実際には水平に回りません。

大事なのは切り返しでは肩が開いてアウトサイドインにならないように縦の動きを、ダウンスイングではすくい打ちにならないように横の動きを大事にしていただければと思います。

飛ばす人ほど切り返し時の左足への荷重が非常に大きいです。思い切って左足を下へ踏み込んでダウンスイングを始めてみましょう。踏み込みが強いほど腕が想像以上に下りてきて慣れるまでは非常に難しいですが、ここからインパクト・フォロー・フィニッシュへと繋げる事が出来ればヘッドスピードや飛距離のレベルアップは間違いありません(*’-‘)フフ♪