ゴルフ初心者必見! 『シャンク』原因と攻略法

出たら一人前!?その名は『シャンク』・・・中にはこの名を聞いただけで震えあがり、冷たい汗が止まらない!!なんて少し大袈裟過ぎです(*’-‘)フフ♪ ですが皆に嫌われるには理由が。それは他のミスよりも一度発生すると連続して発生する可能性が非常に高い!という点です。

しかもこのシャンクボール、飛球方向が極端に右斜め前に鋭く飛び出すためグリーン周りからのOBや大トラブルの連続なんて事も。時にはスコアだけでなく、心まで折れてしまうような致命的なダメージをくらう事もあります。

 

シャンクの主な原因

ショット時にフェースではなくネックにボールがぶつかることでボールが鋭く右斜め前に飛び出すミス、これがシャンクです。ゴルフに慣れてくるとスイートエリアで打てる確率が高まる反面、何かしらの拍子にスイングが崩れてしまいスイートエリアに近いネックにボールをぶつけてしまうからだと言われています。ではなぜネックでボールを打ってしまうのでしょうか。

原因はスイング軌道であったりアドレスで構えた位置よりもインパクトで手が前に出たり、体が突っ込んだり・・・と様々ですが、主な原因は体重移動と左脇の緩みだと言われています。

ただ・・・そうは言っても中々簡単に攻略が出来ないのが『シャンク』そんな訳で良く耳にする攻略法を試してみる事に。

 

シャンク主な攻略法と個人的オススメ度

初めから手の位置を前にする
アドレスした際、両手の位置が極端に身体に近いとスイング中にクラブの軌道が身体から離れやすくなり手が前に出てシャンク。それを防ぐ為にアドレス時の手の位置を、わざといつもよりも離すように構えてショットする方法。
個人的オススメ度★★★

手を早めに返す
ボールがネックにぶつかる前に意図的に手を返すタイミングを早めるという方法。両手が右足の前を通過するくらいからフェースを回す感じでよいとの事ですが。
個人的オススメ度★

左足一本打法
軸がぶれず身体の突っ込みを抑えるための方法。ただしコースでは微妙な傾斜があるので左足一本に全体重を乗せるようにし、右足は大きく後ろに引いてつま先を軽く地面に触れ安定させる必要があります。普段の練習ドリルとしては良いがラウンドでは・・・。
個人的オススメ度★★★

クラブの構造を理解する
シャフトとヘッドを分けて考えシャフトをボール手前に通す事で付属物であるヘッドがボールとコンタクト。個人的にはアドレスでのソケットの位置に集中しインパクトで同じ位置を通すのが良いかと。個人的オススメ度は満点を(*’-‘)フフ♪
個人的オススメ度★★★★★

オススメ度満点の攻略法は、漫画「リケジョゴルファーひずみ」より

 

本日のまとめ

フェースを開くと更にシャンクしやすくなります。ただし、フェースを開いて打つとどうなるのか。閉じて打つとどうなるのか。これを練習で知る事は上達する上で非常に有効です。特にフェースの開き方や打ち方を知れば初心者が苦手とするバンカーショットも楽しくなります。

そしてシャンクを恐れずに思い切りフェースを開いてショットすればボールはふわりと上がるのがわかります。こうした感覚を養う事でゴルフの腕前が上がる他、アプローチの引き出しにもなりますので『シャンク』を恐れず練習を楽しんでみてください。