ゴルフ初心者必見! グリップ交換『時期と工賃』

グリップも車のタイヤと同じ、定期的に交換が必要です。硬くツルツルになったグリップでは普段よりグリップに力が入ってしまいます。グリップ交換は『GOLF PRIDE』では40ラウンドを推奨しています。月一ゴルファーであれば3~4年の計算になりますが車で云うスタッドレスと同じく使わなくても劣化は進みますので通常は2~3年で交換が望ましいと言えます。

バックラインが無ければ素人でも簡単に交換出来ますので自分で交換するのが好きな人は挑戦してみましょう。(バックラインとは?選ぶポイントは?そんな疑問は下記メーカーサイトへ。)

自分で交換する場合、グリップ交換用の溶液や両面テープなどが必要になりますのでこちらの有名セットがお得です。

注意するのは下記です。油断して嫁のカーボンシャフトの表面に傷がついてしまいました。(´д`、) グリップで隠れたので秘密です(笑)

 

さて、自分で交換するのが苦手な人や面倒な人はお店で交換になります。いくら位かかるか気になる人も居ると思いますので平均的な金額(税抜)です。

店内グリップ購入で@300円
持ち込みで@500円
再利用で@800円

だいたいこの金額になりますが、例えば二木ゴルフやVictoria Golfではクレジット機能付きの会員カード登録で無料。ゴルフパートナーでは交換無料キャンペーンを行う店舗が多いので無料でお近くのお店に確認してみましょう。最後に今回交換した格安のグリップはこちらのシリーズです。

中古セットで購入時の嫁のグリッップはカッサカサの状態で練習場でスイングしただけでこの調子(´д`、) ボロボロ表面がこぼれて手真っ黒でした(*’-‘)フフ♪

 

本日のまとめ

グリップが硬くなると手に必要以上の力が入ってしまいます。手に力が入ると体にも力が入り、スムーズなスイングに支障を起こしミスが増える可能性もあります。良いスイングの為にも定期的にグリップ交換をおすすめします。またバックライン有のグリップの場合、バックラインがズレると球筋にも影響します。クラブによってバックラインがバラバラだと、球筋もバラバラに。バックライン有を選ぶ場合は、お店や工房の方にお願いしましょう。