ゴルフ初心者必見! 左手リードを極めよう

左手リード・右手リード。どちらが正しいのか、初心者を困らせる一つのポイントです。結論はリードするのは左手になります。(リード:先に立って引っ張ること。先導を意味する)

試しに前傾姿勢のまま、片手でクラブ放り投げてみましょう。(*’-‘)フフ♪ 左手である引手で投げる方が確実に飛びます。いやいやいや。だって野球で例えれば右手で投げた方が確実に遠くに投げれるじゃん!そうなんです。ここに大事なポイントがあります。

右手リードな気がしますが実際腕を使う、力が入るのは左足に体重が乗った後。ゴルフで言えばハーフウェイダウンからフォローにかけてその力を使えれば最高なんです。腕の力だけで考えれば当然利き手の方が力は強いですが、ゴルフは腕の力だけでは飛距離は出ません。下半身スタートで腰が切れ、それに伴い左肩・左背筋が活用できるのです。

 

右手リードの弊害

右手を使い過ぎるとダウンスイングでコックが早くほどけたり、インパクトで左肘が引けてカット軌道になりやすくなります。また最も避けたい、右肩下がりが起こす『すくい打ち』にもなりやすいです。右手を使い過ぎるとスイングが壊れてしまうといっても過言ではありません。

 

左手リードの恩恵

左手リードはスイングに様々な好影響を与えてくれますが、中でもフォロースルーが大きくなることが一番の恩恵といえます試しにクラブを片手で持って素振りしてみてください。

右手だけでスイングするとバックスイング側は大きくとれますが、フォロースルー側では小さくなります。ところが、左手だけでスイングするとバックスイング側と比較してフォロースルー側が格段に大きくなることが一目瞭然です。

大きなフォロースルーはパワー効率の良いインパクトを実現し、クラブヘッドの加速スピードを向上させてくれるという相乗効果を生み出します。

 

本日のまとめ

そんな理由から、左手リードでスイングをコントロールすることが一番の基本と考えます。決して「右手は使わない」と言っているのではなく、右手を有効に使うための左手の使い方を正しく理解する必要があるということです。勿論、インパクトでは右手のパワーは左手に勝ります。

左手リードと右手アシストによりバランスが整い、ショットの方向性が安定します。さらに右手の使い方が上手くなるほど、長いインパクトゾーンが作れ飛距離アップにもつながります。

ただし左手リードだからと言ってダウンスイングでいきなり左肩を早く回そうとすると体が開き過ぎ、当然スライスや引っかけなどの原因となりフィニッシュも崩れますのでご注意を。それでも右手リードと考えるのであればグローブを右手にはめましょう( ´∀` )