ゴルフ初心者必見! 『コック』と『ヒンジ』

コックさん?執事さん?・・・ハイ、すいません(*’-‘)フフ♪ ゴルフスイングで重要なコック。コックが入ってないスイングだとヘッドスピードが上がらず飛距離が出ません。また、コックを上手に使えるとコンパクトなスイングにもなりミート率も上がります。

 

コックとは

手首を親指方向に折る縦の動きになります。そして、手首が甲側に折れる横の動きはヒンジと言います通常はバックスイング途中で左手首のコックを使い右手首は自然に少しヒンジの状態になります。左腕を伸ばしたまま右肘を曲げて左手首をコックさせていきますが、意識したいのがグリップエンドの向きです。

アドレス時、自分に向いてるグリップエンドを外側に大きく向ける意識を持つと手首がスムーズに使え左肘の緩みも防止出来ます。手首の折り方を間違え、右手首をコックすると左手首はヒンジとなりトップでシャフトクロス。そして、右手首のヒンジを強めるとレイドオフになりやすくなります。

レイドオフを薦める場合もありますが、シャフトクロスもレイドオフもオンプレーンからのズレでありグリップの仕方やダウンスイングで修正の動きを加えてインパクトを合わせる必要があるので初心者の方は左手のコックでオンプレーンを意識しましょう。

 

コックのタイミング

基本となるタイミングはハーフウェイバック(クラブが地面と平行になるポジション)後、腕が地面と水平になる時に行います。ただし、これは基本に過ぎません。早い段階でコックを始めたり『笠りつ子プロ』のようにテークバックでは使わず、ダウンスイングのタイミングで使うプロもいます。笠プロも実はノーコックではありません(*’-‘)フフ♪ そして重要なのはリリースです。

 

コックのリリース

ヘッドスピードに欠かせないコックですがリリース(解放)が早いと全く意味がありません。プロや上手な人はダウンスイングからハーフウェイダウン(ダウンスイングでクラブが地面と平行になるポジション)にかけてコックが強まりますが、初心者の人はハーフウェイダウンにかけてコックが解けてしまいます。この解けるのが早いことをアーリーリリースと呼びます。

インパクトでもコックをキープし、解けていくのはフォロースルーに入ってから!と意識するようにしましょう。そして特に大事なのがインパクト時の右手首のヒンジをキープする事です。この右手首のヒンジが解けてしまうとすくい打ちになり、番手通りの距離が出なくなってしまいます。ダウンブローが基本のアイアンが苦手な人や、何番で打っても飛距離が変わらない人はこれが原因な場合もあります。

 

本日のまとめ

テークバックで肩・腕・クラブを一体にして上げ、ハーフウェイバックではクラブと飛球線が平行。ここからコックが入りトップにかけてプレーンを意識して綺麗なトップの完成です。当然、プレーンにクラブが重なるように右肘も曲げます。ただし、重要なのはアーリーリリースにならない事です。トップからハーフウェイダウンにかけてどうしてもコックが解けてしまう人は、逆にトップではコックを作らずスイングする事によってハーフウェイダウンで適度にコックが作られる可能性もあります。