ゴルフ初心者必見! 重心の位置と逃がし方

早速ですが・・・アドレスでの重心は親指の付け根あたり、拇指球に重心を乗せる事がスイングの基本になります。この時、内側に体重をかけると自然に拇指球に自然に体重が乗ります。重心の感覚が掴みにくい方は前傾が助けになりますのでセンター、土踏まずの辺りであれば全く問題ありません。

注意が必要なのは拇指球よりも前、つま先側に体重を乗せてしまう事です。インパクトで正しくその位置に戻そうとすると軌道はアウトサイド・インになりやすくスライスの原因になってしまいます。では、かかとは・・・最初から重心をかかとに乗せるとテークバックすら出来ません。

 

重心と弾道の関係

アドレスでの重心は、バックスイングしトップでは右足かかとに移ります。アドレスでカラダの前にあった腕やクラブが、バックスイングで捻転により背後の空間に来ているのですから重心がかかと側に移るのは当然です。

それなのにトップでも重心を足の前側に残そうとすれば、上半身を前方にかぶせる動きが必要になります。するとクラブの動きは必要以上にアップライトに(垂直に近く)なり、クラブをアウトサイドから下ろすしか出来なくなります。

トップからの切り返しで今度は重心は左足の拇指球からセンター、土踏まずの辺りにしっかり踏み込んで移します。そしてインパクトからフィニッシュにかけて、この左足への重心の位置でも弾道が変わってきます。

  • つま先体重=スライス
  • かかとへの体重移動が早い=フック

傾斜地でのスイング、つま先上がりでフック・つま先さがりでスライス。これと同じ事が言えますので左足に重心を移動する際、意識してみてください。

 

力を受け流す方法

次は逃がし方です。逃がしちゃ駄目でしょ~!なんて聞こえてきそうですが、ティーショットでドライバーを使用する際にケガを防ぐ一つの方法になります。飛距離を出す為には重心を左に移し体重を左股関節に乗せインパクトからフォローにかけて更に加速させてスイングする必要があります。

インパクトで終わりのスイングでは全く影響ありませんが、この強烈な力をフィニッシュにかけて受け止める必要があります。遠心力も加わり体が引っ張られるこの強力な力を踏ん張り受け止められれば問題ありませんが膝を痛めやすい方、痛めるのが嫌でインパクト後に加速をさせる事に抵抗がある方は参考にして下さい。

その方法はフォローからフィニッシュにかけて左足かかとで受け止め回転しながら逃してやります。そうすると左膝、腰にかかる負担が激減します。もっと単純に考えるならフィニッシュで左足ツマ先が目標方向まで回っても構わないのです。

実はPGAツアー選手でも、かかとで受け流すテクニックがみられます。中でも解りやすいのが飛ばし屋ゲーリー・ウッドランド選手でしょう。アドレス画像でピンと来た人は凄いです(*’-‘)フフ♪

 

本日のまとめ

球筋は当然重心ひとつで変わります。左足の重心位置は持ち球によっても若干変わりますがスライス、フックに悩んでる方は参考にしてみてください。

逃がし方に関しては、もともと私のスイングはドライバーだけ左足が『くるりんぱ』してました。なんとか踏ん張ろうとつま先側で踏ん張ってみたり、拇指球より更に内側に重心を移したり。

そんな事をしてたにある日、左膝に痛みが(´д`、) しばらく安静にして無理を止め、ドライバーはそのまま『くるりんぱ』。そうしたら痛みもありませんし、ドライバー以外ならしっかり踏ん張れます。

ゴルフ生活を長く楽しむにはケガをしない!が一番です。足腰が弱ってきたら今度はフィニッシュで止まらず右足一歩出し、歩き出してしまえば良いだけです。最後にゲーリー・ウッドランド選手の情報はこちらです。