ゴルフ初心者必見! グリップと持ち球の関係

思うような球が打てない時、ふと「自分のグリップは正しいのだろうか」と、考える事があると思います。特に真剣にゴルフに取り組んでいる方ほど考え抜き、正解を求めようとします。

『スクエアグリップ』『ウィークグリップ』『ストロンググリップ』スクエアグリップであれば左手のこぶしのナックルが2個程度見える。これが現在の理論で標準とされています。

しかし、これはあくまで標準で基礎となる要素でしかないのです。左手のナックルが3つ完全に見える向きでも1つ目までしか見えない向きでも、全く問題はありません。なぜなら大事な点はグリップの向きとフェース向きとのバランスにあるからです。手の向きが多少違っていても、構えた時の向きがインパクトを通過する際にタイミングよく再現されれば球はちゃんと飛んで行きます。

逆に問題なのは、こだわるあまり「慣れない握り方」で違和感を抱くとフェースの向きをイメージする感覚が持てなくなります。そうなるとグリップの向きとフェースの向きとのバランスが崩れ思いどおりの球が打てなくなってしまいます。向きの微妙な違いにこだわり、慣れた握り方を変えるとスイング全体に影響が出てしまいますのでご注意下さい。

ただし、基礎となるそれぞれのグリップには特徴がありますので把握している必要があります。

  • ストロンググリップ=フェードボールが打ちやすい
  • ウィークグリップ=ドローボールが打ちやすい
  • スクエアグリップ=ストレートボールが打ちやすい

 

グリップとターンのバランス比較

ストロンググリップの場合
左手の影響でもともとフェースが左に向きやすい状態となっている為インパクトゾーンでの手首(リスト)や腕(アーム)のターンは少なくなります。代わりにカラダの回転を大きく早めに使うことで、フェースをスクエアに保ったままインパクトゾーンを通過します。

ウイークグリップの場合
逆にフェースが右を向きやすいので遅れてきた右腕がインパクトゾーンで左腕の上にかぶさるように追い越す手首や腕のターンを使わなければフェースをスクエアにすることができません。積極的に使い球を捕まえる打ち方となりドローが打ちやすくなります。

スクエアグリップの場合
上記2点の要素のバランスをとった振り方が求められます。

 

・・・でも、飛距離を求めるならストロンググリップなんて聞きませんか?飛ばしたい!叩きたい!でもドローが打ちたい!そんな気持ちはメーカーさんが既にご存知です(*^^)v

最近のクラブは左手はストロング、微調整は右手で行えば良いだけです。それは右手のグリップに関係します。ちょっと前まではグリップにおける左手と右手の関係は『幸せ』・・・(*´▽`*)違います!『平行』が当たり前でしたが今はクラブの進化に伴い自由化が進んでおります。

例えるならギア付きの自転車です。後輪3段から6段に増え驚いた所になんと、前輪にも3段ギアが付いたようなもんです。はい!例えにセンスがありません。今は電動の時代ですからね(*´▽`*)

真面目な話に戻しますと右手にも当然ウィークグリップ、ストロンググリップがあり右手がウィークグリップであるほどフェースをかぶせるような動作となりフェースが返りづらくなります。

逆に右手を下から握るようにすると、フェースがかぶる動作がいくらでもできる反面、開く動作が制御され下から持ちすぎるとフェースが被りすぎフックになりやすくなります。


参照元:http://www.golfdigest-minna.jp

 

本日のまとめ

打ちやすいボールとグリップの関係が逆になってませんでしたか?上記の理由から左手ストロンググリップで右手を平行に合わせてリストターンやアームターンを積極的に使ってしまうととんでもないフックボールが出る可能性が高くなります。そんな時は右手をスクエア若しくはウィークに調整してみましょう。ただし打ちやすいのはストロング=フェード・ウィークはドロー。これが基本である事と、違和感あるグリップではフェースの向きをイメージする感覚が掴み難い事を覚えておいて下さい。