ゴルフ初心者必見! テークバック『右肘のポイント』

・・・とある練習場にて。前の打席の方はビジネスゾーンの練習。(上手ですね~。さて、俺も頑張ろう。)そう思い素振りを始めると前の打席の方はフルスイングへ。あれ(゜o゜)?なんと両腕を伸ばしたままトップ、究極ボディーターンの方でした。どうやらボディーターンは、腕の動きゼロと考えていらっしゃるようです。

スイングをする為には、必ず腕の動きが必要です。腕の動きはスイングの軌道、フェース向きといったクラブの動きをコントロールし弾道に直結する動きになります。

 

ビジネスゾーン以降は右肘をたたんでいく必要があります。まずは、クラブを持たずに右手だけでシャドウスイングをしてみましょう。ポイントは右肘を下に向けたままにしておくことです。すると右肘を支点にして右の前腕部が旋回し、右肘が自然にたたまれてトップに向かうことが体感できるはずです。

野球経験者であればアンダースローのイメージが最も近いでしょう。経験が無い方はパソコンデスクで両肘を付き頬杖。そこから左頬杖で右手は左肘にし、そこからやっぱり右頬杖に(*’-‘)フフ♪ 右肘はこんな感じで外旋します。

柔道での背負い投げのイメージ、もうイメージはなんでも良いですが右肘が直角になる事がパワーを生むために不可欠な動きになります。ただし、肘の角度が直角以上に折り曲げない事です。必要以上に折り曲げると力も逃げるし正確性も失います。

そしてこの動きで重要なのが『タイミング』です。これが正しく行われなければ、体と腕が調和したスムーズなスイングはできません。インサイドに引き過ぎる動きにも注意が必要です。

 

本日のまとめ

まず、アドレスでは右肘は外を向けずに内側に。ピンと伸ばさず若干曲がるような状態にします。曲げ過ぎてもいけません。テークバックからトップまでは、右肘が下を向いているようにしましょう。

また右手に意識し過ぎると、右利きのゴルファーの場合はどうしても器用な右手の動きに頼ってしまいがちです。アドレスの姿勢から右手でクラブを持ち上げて、右肘が大きく浮いたバックスイングになりやすいのです。「右腕が暴れる」なんて表現を聞いたことがあると思いますが、右腕の動きが過度になるとクラブヘッドが正しい軌道から外れてしまい、さまざまなミスショットの原因となりますので注意して下さい。