ゴルフ初心者必見! 切り返し『下半身リードの注意点』

正しい捻転で右股関節に体重を乗せたらトップから切り返してダウンスイングに入る訳ですが、切り返しは下半身から始動するのが常識です。ただし、当然右に体重が乗ってなければ左に体重移動する事は出来ません。

まずは右股関節に体重を乗せることが、下半身から始動をするための準備になります。(右股関節に体重が乗せられない方はこちらを参考にしてみて下さい。)そして、いざ下半身から始動。この時の注意点になります。

 

切り返しでもやっぱりスウェーに注意

テークバックで気を付けるスウェー、当然切り返しの時にも注意が必要です。ところが『スイングは下半身リードでしなさい。』この言葉を誤解し、せっかくテークバックできちんと体重を右股関節に乗せる事が出来てるのにダウンスイングで左にスウェーしている方を良くみかけます。

これでは体が流れるので当然「振り遅れ」となり、クラブフェースは開いてボールに当たる為スライスになります。また右肩が下がる事でクラブが寝てしまいダフリの原因にもなります。下半身リードで打とうとして気になるようになった方は注意が必要です。

 

体の開きに注意しましょう

もう一つ注意が必要なのは単に左に体重を移動するのでなく、きちんと左足を踏み込み同時に左股関節の上に体重を乗せる事です。左股関節にきちんと体重を乗せる事が出来ないと、切り返しからインパクトで体が開いてしまいます。その為にはボールを打つまでは胸を右サイドに向けておき、インパクトから一気に解放するイメージでスイングする事です。勿論違うイメージをお持ちであれば体が開く事が無ければ全く問題ありません。

それでも体が開いてしまう場合は切り返し時の左膝に注意してみましょう。切り返し直後からインパクト手前にかけて下の写真×印のように左膝が後ろに引け、右膝が前に出てしまうと左腰が回り過ぎ、インパクトで体が開いた状態になりやすくなります。


参照元:夕刊フジ

体の開きを抑えるには写真印のように、切り返し直後からインパクト手前にかけて左膝が前に出ていれば体は開きにくくなります。

この切り返しで左股関節に体重を乗せる事が出来れば背骨を軸とした体重移動の無い回転運動ではなく、左腰を軸にした体重の乗ったスイングをする事が出来ます。

 

本日のまとめ

本来『下半身リード』は右股関節にきちんと体重が乗っていれば切り返しで左足を踏み込めば自然に行われます。意識的に下半身をリードさせようとすると、体の正面からクラブが外れて、どんどん振り遅れてしまいます。

スイングの動作で、もっとも重要なポイントと言われているのが切り返しです。切り返しとは、バックスイングとダウンスイングとの間にあるポイントのことです。切り返しは、下半身の先行動作が始まることによってクラブが上がる動作が止まり、クラブが下半身に引っ張られる動きです。まずは自然に切り返しが出来るようにテークバックでしっかり右股関節に体重を乗せられるように、そして切り返しでは左股関節にしっかり乗せスウェーや体が開かないように注意しましょう。

左股関節に体重を乗せる事ができていれば右足の力も受け止め、インパクトから左腰を後ろに動かしてやると鋭い回転が生まれパワーも打球の方向性もよくなります。また体の開きを抑える為に切り返しで左膝が前に出ている状態をキープする際、インパクトでは膝を伸ばす・伸ばさないはそれぞれ自由です。体重移動が出来てフォローで腰を回しきればどちらでも自然に左膝は伸びるはずです。