ゴルフ初心者必見! 正しい捻転で飛距離アップ

飛ばしたい人、手~挙げて!ハイ、勿論見えません(*’-‘)フフ♪ 飛ばせるなら飛ばしたい。ただ飛ばそうとして注意が必要なのは間違った体重移動によるスウェー、そして腰の回しすぎになります。

スウェー
さらっとスウェーについて。アドレスからテークバック時の体重移動をする際に右に体重移動し過ぎ、右腰・上半身が右足よりも右に行き過ぎてしまうことです。体重移動により飛距離がアップしそうに思えますが体重が右足よりも右に行けばパワーも逃げてしまいます。


参照元:https://lesson.golfdigest.co.jp/lesson/

更にトップからダウンスイングにかけて左足方向に自分で体重を戻さなくてはいけないのでダフリやトップ、タイミングによってはスライスやフックも出てしまいます。右足の内側でしっかりとふんばり右膝の向きを変えないようにバックスイングして下さい。

 

正しい捻転とは

そもそもテークバックは体を回転させるのではなく、捻るのが正解です。体を捻っていないから、腰が回りすぎてしまいます。そしてこの体を捻るような動きを「捻転」と呼びますが、この捻転こそがゴルフスイングの力の源になります。

では、回転と捻転の違いとはなんでしょう?ゴルフスイングにおいて回転とは体全体が向きを変えてしまう事、捻転とは膝から下を動かさず、上半身が向きを変える事になります。

体を回転させず捻転させるには、下半身は回ってしまわないようにしっかりと地面に踏ん張っていなければなりません。回らないように踏ん張ることで、下半身と上半身で体の捻れが生まれるのです。テークバックで右膝が後方に動いてしまう方は、しっかりと踏ん張っていない証拠で回転若しくは捻転差の少ないスイングとなってしまいます。

 

正しい捻転方法

正しい捻転を行うには、まず正しい体重移動を理解する事です。正しい体重移動は右股関節に体重を乗せる事になります。テークバックを始動し、少し股関節が回るだけですぐに体重は右に乗りこれで体重移動は完了になります。あとは右足で踏ん張るだけです。しっかりと右足で踏ん張ると、腰は意外と回らないことも実感できるはずです。

捻転方法がいま一つピンと来ない方にはコチラもオススメになります。

 

本日のまとめ

下半身の動きは身長や前傾角の深さ、また筋肉の量などにより個人差があり一概にこの動きが正しいというものは無いはずです。何故ならプロのスイングを見ても、下半身の動きが人それぞれなのがわかると思います。ですので右膝が流れなければある程度の動きは許容範囲だと思います。

大切なのは上半身の捻転とともに右の股関節に体重が乗り、しっかりと負荷がかかっていることを感じられるかどうかになります。この事を意識しながら、まずはゆっくりと捻転差を作りテークバックして飛距離に必要な力の源を感じてみてください。