ゴルフ初心者必見! フォローで左肘が引ける原因と改善法

今回は、前回軽く触れた左肘の話です。『インパクト後シャフトが地面と水平になる時は両腕がキチンと伸びてる事が大事ですが・・・』ここでの注意点です。現状左肘で悩んでる方が無理に左肘を伸ばそうとすると今度は左肘が引けてしまうからです。

 

左肘が引けてしまう原因

両肩とグリップの三角形の崩れ
これは特に女性のように体が柔らかい人に多く肩が回り過ぎアドレス時での両肩とグリップで作る三角形がトップで崩れてしまうパターン。そうなるとダウンスイングからフォローにかけて左にクラブを巻き込むように腕が体の回転を追い越し、左肘が上手くたためずに引けてしまいます。

改善法は上腕にボールを挟む練習が非常に効果的です。スイング全体で三角形を保て、グリップはいつも体の正面にある事が理解出来ます。そして体の回転と一緒にクラブが動く事でフォローで腕が伸び、左肘が詰まって引けてしまうことも改善出来ます。

勿論、通常のボールでも構いませんがフォロアーさんが良い物を発見されてたのでご紹介です。紐があるので落とす心配をせずに集中して練習が出来そうです。

 

軌道がアウトサイドイン
これはアウトサイドインが原因でトップからダウンスイングでグリップエンドを飛球線方向に引っ張るような感じで振ってしまうパターン。そうなるといつまでも腕がターンしないので、フォローで腕が詰まり左肘を引いてしまいます。

改善法はセパレートグリップでの練習が非常に効果的です。通常のグリップから右手だけ左手から少し離して握ります。このセパレートグリップでスイングすると、ダウンスイングからインパクトにかけて、自然に右手が左手を追い越します。このように腕がターンすると、フォローで左肘が詰まって曲がったり引けたりすることも無くなります。

 

振りぬく方向が左過ぎる
これは私と同じように独学で練習されてる方に多く意外と気付かないのが厄介です。なぜなら自分では左に振っている意識がほとんどないからです。恰好良いフィニッシュを決めたいのに肩周りが固いせいにして諦めてる方も実はこれが原因かもしれません。

改善法はアドレス時の肘の向きの見直しと目標方向へ振るイメージを持つです。アドレスで油断せずきちんと両肘が体を向いているように絞っておくと両肘がにひけない使い方が出来、フォローで左肘が体の方を向きます。またこれはオーバースイングで良くみられるトップでの右肘の向きの改善にもなります。

あとはインサイドに振り抜くのではなく、目標方向に振り抜くだけです。最初は目標よりも右に振り抜くイメージで振り抜くと左肘が正しく動き大きく正しいスイングプレーンで振っていく事が出来るようになります。

 

本日のまとめ

フォローで左肘が引けると、腕が詰まったような感覚になり気持ちよく振り抜けた感じがしません。また、左肘が引けることで急ブレーキがかかるようなフィニッシュになる事も。上記3点に気付き更なる上達の助けになりますように(*^^)v そして私は初打ちでやらかしたのでドライバーと、いつものパターの練習ですρ(・ω・、)