ゴルフ初心者必見! ヘッドを地面に『つける?』『つけない?』

構える時クラブヘッドを浮かせる人、地面につける(以下ソール)人。スイング始動時ヘッドを浮かせてから打つ人、地面につけたまま打つ人。クラブによって変えてる人。色々なタイプに分かれますが皆さんはどうされてますか? 私はクラブによって変えてます。なぜなら私の場合、それが一番ミート率が良いからです(*’-‘)フフ♪

私の場合は、一度全てのクラブでソールしドライバー・FW・UTはソールしたまま。アイアンとウェッジはソールした後に浮かせて構えて始動します。浮かせると言ってもバンカーショット時とは違い、周りからみれば『つけてるじゃん!』と言われる位、微妙にです(〃^∇^)

 

一度全てのクラブをソールする理由

その理由はフェース向きの確認の為です。ボール後方から定めた目標に対し正確にフェースの向きを合わせるには浮かせた状態よりも確実に精度が高いです。理由はこれだけです。

 

浮かせて打ちます(*’-‘)♪ アイアン・ウェッジ

バンカーやラフでボールが浮いてる場合は当然クラブヘッドを浮かせて構えますが、これに慣れる為とダフリ防止にもなります。ダウンブローで打つのでクラブの最下点はボールよりも少し飛球線寄りになりますが、ソールしたままだとアドレスの位置へクラブを戻すとダフってしまう可能性があります。ダフリが気になる方は是非参考にしてみて下さい。

またアイアンやウェッジ特にスチールシャフトの場合は、他のクラブより重さがあるのでソールしたままスイングを始動するとクラブが地面から持ち上がる瞬間グリップに力が加わる恐れがあります。少しでも力が加わると手は器用なので、気づかぬうちに手でクラブを上げる手打ちになってしまってる可能性もあります。下記のように押さえつけてはいけません。


参照元:http://www.chunichi.co.jp

 

浮かせず打ちます(*’-‘)♪ ドライバー・FW・UT

では何故こちらはソールするのかと云うと、こちらはもともと地面を滑りやすい構造になっているからです。ただし地面にソールしてもクラブを持っていて下さい。どういう事かと言いますと、まるで杖のようにクラブを地面に押し付けるのはやめましょう。

クラブを地面にソールする時にゴルフクラブの全ての重さを地面に預けてしまうとアイアンより軽いとはいえ先ほど同様持ち上がる瞬間グリップに力が加わる恐れがあると云う事です。またドライバーに関してはヘッド形状や打ちたい弾道、ティの高さによっても様々なので色々試してみましょう。

 

女子ゴルファー画像
誰かわかるかな(*’-‘)フフ♪

 

本日のまとめ

ソールしてもしなくても上手くインパクト出来ればそれで良し!ですが・・・個人的には全て微妙に浮かせる!をおすすめします。またソールして打つ場合、クラブが持ち上がる瞬間のグリップの力が気になる方は縦のワッグルがおすすめです。縦にちょんちょんと魚釣りのイメージで動かします。ヘッドの重みを小指・薬指・中指に感じ、親指側の力みを取り除くことも可能です!ただし、ちょんちょんし始めるといつまで経っても打てなくなる人も居ますのでご注意下さい(〃^∇^) そういう方は、一度ヘッドを浮かし優しくソールで始動の方が合うかもしれません。