ゴルフ初心者必見! アドレス『正しい向き』

アドレス時、「いっつも左向いてたよ」「右向いてたよ」なんて前回指摘されたから今日は気をつけよう。なんて思っていざ構えたら、「あれ?これで真っ直ぐかなぁ」なんて困った経験は無いでしょうか。練習場とは違い景色も開けてるので狂いが生じやすいのです。

中には「私は大丈夫!失敗しませんので!」なんて私の好きな某ドラマの台詞のような事を言ってアドレスをとりながら目標を見て方向を決める人がいますが、これではボールの飛んで行く方向を安定させるのが難しくなります。そこで本日は、『方向性を高めるポイント』になります。

 

方向性を高める2つのポイント

後方から確認する
アドレスの方向を安定させ常に正確な方向を狙う為には、ボールの後方からアドレスに入る必要があります。ボールの後方に立った状態で、いったん目標をしっかりと確認します。打ちたい方向線上とボールを結び、そのラインに平行になるようにスタンスを取る事が重要です。

スパットを決める
スパットとは、後方から見た時に目標とボールを結んだ線上にある近くて目印になるものです。枯葉やディポット跡など何でも良いです。ティーショットの場合は2つのティーマーカーで結んだラインに近い所でティーアップされる方が多いのでその辺りも見つけやすいです。

 

注意点は

ちゃんとスパットを決めて平行にスタンスを取ったら注意する事が一つ。それは肩のラインもキチンと平行にする事です。特に多いのが右肩が前に出て両肩のラインが左を向いてしまってるケース。これではスライスが出やすくなってしまいます。

また、どうしてもスパットが見つけられなかったり両肩のラインが気になる方はラインに合わせクラブを置いてしまいましょう。クラブに合わせてスタンスを決めてからクラブを取り、クラブを平行に両手で持ち肩のラインを合わせましょう。この時、別のクラブを使用するとストローク前に取り除く必要があるのと時間がかかるのでオススメ出来ません。

 

本日のまとめ

方向性を高めるには『後方から確認する』『スパットを決める』この2点が非常に大事になります。尚、この2点はティーショットだけに限らずセカンドショットやパッティング時にも是非活用して下さい。アドレスの方向はとても狂いやすいので、常に正しい方向を向いているか意識することがとても大切です。どうしても苦手な人はこちらがおすすめになります。