ゴルフ初心者必見! 100切り用『コースマネジメント』

100切りを目標にした際、先日の『パーソナルパー』に加え『コースマネジメント』を考える事が出来ればもう100は切ったも同然ではないでしょうか。ゴルフの上手な経験の長い人は必ずと言って良い程『コースマネジメント』を考えラウンドしています。

コースマネジメントとは
コースのレイアウトやコンディション、それに自分のショットのクセや実力を考慮した上で「どこに打つべきか」「どんな強さで打つべきか」を考えること、つまり『コース戦略』の事です。

良いスコアを出すためには、ただ飛ばせば良いというわけではなくその状況に適したショットを考え打つ事が大事です。あたりまえのようにティーショットはドライバー。2打目は「これなら上手く打てれば届くかな~」なんて考えてラウンドされてないでしょうか。

そんな訳で、本日は100切りを目標にしたコースマネジメントになります。

 

100切り用コースマネジメント3つのポイント

コースを把握する
今は電動カートで確認出来るゴルフ場も沢山ありますが、何度も行ってるゴルフ場であれば別ですが初めて行くゴルフ場ではラウンド前にバンカーや池の位置、地形を確認しときましょう。事前にインターネットでホームページや予約サイトで確認する事でより戦略を練る事が出来ます。

参考:南富士カントリークラブ OUT3番

 

グリーンから逆算、引き算思考
例えば、上記第2Gのロングホールで、2打目残り240ヤードという場合を想像してみて下さい。足し算で考えてしまうと「できるだけ遠くに飛ばそう」とか「2オン出来るかな~」とか2打目のことしか考えませんが、引き算思考であれば「残り100ヤードなら確実だからまず140ヤード打とう」とか「120ヤード以下なら得意だから2回打てば240ヤードだ」

このように、2打目を打った後のことを考えて、残りの距離から自分の距離を引き算して、コースを攻略していきます。

 

使うクラブを減らす
「今日は上手く打てる気がする。」気がするだけです(´∀`*) 練習場でもミスが多いクラブは使わないことです。スコアを重視するのであれば、「奇跡」を信じてはいけません。「さっきは上手く行った」なんて奇跡を信じて攻めたプレーをしていると、必ず失敗して逆に打数を重ねてしまう事の方が多いです。

またティーショットもドライバーである必要はありません。ティーショットで大切なのは、いかにOBやハザードに打ち込まずにフェアウェイに乗せるかです。また上記第2Gのようにガードバンカーに囲まれてる場合はいっそのことサンドウェッジを抜いてしまえばバンカーに入れない為のマネジメントも考えられるはずです。

 

本日のまとめ

いかがでしょう、だいぶ戦略がみえてきましたでしょうか?先ほどのPAR5難しいと思いましたか?あれで2パットでPARです。前回の「パーソナルパー」設定ではボギー目標なので仮にティーショットが200ヤードでミドルアイアンが苦手でも、2~4打目を90ヤード打てれば2パットで設定どおりボギーであがれます。