ゴルフ初心者必見! 真冬のゴルフは『ゴロフ』で攻略

冬のラウンドは身体もボールも硬くなり飛距離が落ちます。飛距離が1~2番手落ちることも珍しくありません。更に芝が薄く地面が硬い、加えてグリーンも速くなるのでアプローチも難しくなります。冬はそもそもスコアが出にくい時期なのです。その一番の理由は『冬芝』かもしれません。

日本のゴルフ場では野芝や高麗芝といった日本芝が多く使われています。これら日本芝は寒さに弱いので、冬になると葉の部分が枯れてしまいます。

枯れた芝は薄くなってボリュームがなくなり、非常に難しいライになるのです。なぜ冬芝が難しいのかというとボールがほとんど浮かないからです。

夏の芝であればボールが適度に浮いています。すると地面とボールの間に隙間があるので、多少ミスをしてもボールは飛んでくれます。

しかし冬芝では地面との間に隙間が無いので、ボールはほとんど浮きません。その為、少しでもボールの手前にヘッドが落ちれば大ダフリになりますし、それを嫌ってトップが多発・・・なんてことにもなりかねません。

 

『冬芝』攻略法

FWやUTはソールが幅広の為、ヘッドを滑らせる役割を果たし冬芝の上からでも上手くボールを拾うことができますので積極的に使っていきましょう。苦手な方は短めに握るのを忘れずに。難しいのはアプローチです。

重要なのは薄くなった冬芝は非常に難しいライであるという事を忘れない事です。難しいライであればミスの可能性が増えるのは当然なので、いかにミスを減らす事が出来るかが攻略の鍵となります。

 

攻略法は簡単です。冬こそ転がして攻めましょう(´∀`*)

 

『冬芝』という非常に難しいライに対して、簡単にウェッジを選び過ぎなのです。冬芝はとにかくボールがよく転がります。まず一番初めに考える事はパターで転がせるかということです。

なぜならこれが最もミスが少なく、簡単に打てる方法だからです。パターはロフト角も小さく、ソールも比較的平らで構造上最もダフリにくいクラブです。その為、薄い冬芝からクリーンにボールを打つということに関して最も最善の方法となります。

特にグリーンまで残り30〜40ヤード以下の花道では、元々薄く刈り込まれている芝がペタンコに潰されベアグラウンドのようになっています。

このような状況下ではウェッジなどで上手くヒットさせる事が難しい反面、芝の抵抗がほとんど無いのでパターで転がせば十分にピンに寄せることができます。

そして私も苦手な砲台グリーンもこの時期なら転がして攻略が可能です。極端な2段グリーンだと思って転がして攻めてみて下さい。また、UTで転がして攻める方法もあります。ただ距離感を掴むのが難しいで練習は必要です。

 

本日のまとめ

どうしてもパターで転がせない場合はアイアンをパターのように使って転がします。パターのように構える事によりヒールが軽く浮きますのでその状態でパターと同じようにストロークするだけです。

ヒールを浮かせることによってソールの接地面積が少なくなるのでダフリにくくなります。この打ち方で7番アイアン〜PWを打って頂けば解りますが打ち方がパターと同じなので距離感はすぐに掴めます。

最後に打ち下ろしのショートホールにはご注意を。ナイスショットが凍ったグリーンに跳ねてまさかのOBがあります。面白い位ボールが跳ね上がります。冬のゴルフは『ゴロフ』で攻めましょう(*’-‘)フフ♪