ゴルフ初心者必見! アプローチの片手打ちドリル

参照元:http://gd.golfdigest.co.jp
2016年11月21日発売、週刊ゴルフダイジェストの特集で話題となった松山英樹プロが取り組んでいる片手打ちの練習。片手打ちは難しいというイメージがありますし、実際片手でアプローチショットをすれば上手くボールに当たらない人の方が圧倒的に多いと思います。

この難しい片手打ちができれば両手に戻した時、スイングが劇的に良くなると思っている人も多いと思います。

しかし片手で上手くクラブをコントロール出来るようになったからと言って両手でのスイングの際、本当に上手く打てるのかと疑問視してました。

だって重いじゃないですか(´д`、) 松山プロは体格も良く力もあるから可能な練習法だと。

 

ところが・・・このお方に出て来られては練習するしかありません。勿論、桃子プロ(*’-‘)フフ♪
参照元:https://www.golfnetwork.co.jp
片手打ちの効果としてアプローチの距離感や精度の向上が挙げられますが手打ちを防ぐ練習にもなります。

ただし、クラブは短めに持ちハーフスイング迄にしましょう。

それ以上スイングを大きくすると肘や手首を痛める可能性だけでなく、そんな不安定な状態で球を打ったら周りが危険です。

空いてる方の手は自由ですが桃子プロは腕を抑え、松山プロは胸に当てております。体格の良い方は自由ですがクラブの重さで左肘が折れたり、右脇が開いてしまう場合は肘に手を当てて頂いた方が手と身体との一体感が意識出来ます。

桃子プロのおすすめドリルはこちら。もう一つおまけもありますよ((´∀`*))

反復練習は嫌いじゃないです。アプローチはもちろん通常のショットも確実に安定するとの事なので是非練習に取り入れてみましょう。