ゴルフ初心者必見! 正しいアドレスとグリップの位置

ふとアドレス時の手の位置が気になったり、自分のスイングを撮影し確認するとアドレスに違和感を抱いた事は無いでしょうか?不調が続いてる場合は一度見直してみる事も大事です。桃子プロ今日も宜しくお願い致します(☆>⊇<)


 

正しいアドレスの確認

1 姿勢を伸ばしてまっすぐ前をみて立ちます。
2 スタンス幅を調整します。
3 足を伸ばした状態からお尻を後ろに突き出し前傾します。(先に膝を曲げると足の付け根でなく腰が曲がりやすいです。)
4 膝を軽く曲げ重心が拇指球の辺りにくるように意識します。(脛(すね)がほぼ地面に対し垂直になります。)

 

グリップの位置

腕の力を抜き、だら~んと脱力しその左手の位置でグリップするのが基本です。ただし肩や肩甲骨が硬い場合、通常より下げた腕の位置が正しい位置からずれている場合があります。ではどの位置にセットすれば良いでしょうか。

正しい位置は左股関節(左太もも)の内側になります身体との距離はグリップエンドとの間にコブシ1個~2個程度の距離、顎の下に右手がくる位置で構えれば腕は地面と垂直になります。

 

最終確認

両肘が外を向いてしまってませんか?つま先のラインはイメージ通りですか?ここまでバッチリでしたら正面からと飛球方向の後方から写真を撮って貰いましょう。

正面から
肩のラインはグリップで右手が下になるので、その分自然に右肩が下がってるのが正解です。両肩のラインを同じ高さにしようとすると、右肩が前に出たり左側を向いた構えになってしまいます。

飛球後方から
両腕は重なってますか?もし左腕が見えているようなら右肩が出ている状態になります。

 

本日のまとめ

いかがでしたか?バッチリな方は自信を持って楽しんで下さい。右肩が出てしまう人は右肘を少し緩めるか胸の前でグリップしてから下ろせば改善されます。

インパクトでの手の位置は、このアドレスでセットした手の位置に戻ってくることが基本です。正しいアドレスで正しいグリップポジションにセットされていなければ、インパクトで同じ位置に手を戻すことは難しくなります。