ゴルフ初心者必見! 『ヤード杭の注意点』と『おすすめ距離測定器』

ヤード杭とはコース内で残り距離を把握出来るよう通常ラフの端に、残り100Y、150Y、と表示してある杭(または植木等)になります。普段ラウンドされる際はこれを参考にクラブを選択されると思いますが、予定よりショートしたりオーバーして「ここのヤード表示間違ってるよ」なんて思った事は無いでしょうか?

ではヤード杭はいったいどこまでの距離なのでしょうか?通常50Y刻みで表示されてるこのヤード杭ですが実はグリーンセンター表示』と『グリーンエッジ表示の2種類あります。それにも関わらずいつものゴルフ場と同じと勘違いしてラウンドしてしまうと大きな誤差が発生してしまいます。こんなミスが発生しないようにスタート前に、マスター室で確認するように致しましょう。

もし確認しないでスタートしてしまった場合は『ピンポジションの記載』が助けとなります。本日のピンポジションが『手前・中央・奥』と記載してあればセンター表示、『手前から○○ヤード』と記載してあればエッジ表示の可能性が高いです。

 

2グリーンによる勘違い

ゴルフ場によってはメインとサブのように二つのグリーンを用意してるコースがあります。ボールが近い方のヤード杭で確認する事が多いと思いますがここで注意が必要です。2グリーンあるコースでの一般的な表示法として右にあるグリーンの残り距離は右側に、左にあるグリーンの残り距離は左側に表示されてます。間違えて反対側のヤード杭を確認してしまうとコース形状によっては大きな誤差が発生してしまいます。

例 本日の使用グリーンB 赤杭を残り100Y 黄杭を残り150Yとした場合

本来「イ」で距離を確認しなければいけませんが、誤って「ア」で確認してしまうと大きな間違いになってしまいます。

 

設置場所による誤差

残り距離はフェアウェイを基準に距離を測定していますが、ヤード杭の設置場所はラフ奥や林等になります(フェアウェイ埋め込みプレートの場合は除く)。ヤード杭はフェアウェイにあるボールが正確に測れるようにフェアウェイ100Y地点の真横にヤード杭を設置します。


そのため図のように実際の100Y地点とヤード杭が打たれてる位置では、1~5Y程度の誤差が生じてる場合がありますので注意が必要です。もっと簡単に距離が知りたいと云う方には距離測定器が助けになります。

 

おすすめ距離測定器

距離測定器はレーザータイプとGPSタイプに分かれます。正確な距離測定にはレーザータイプですが持ち運ぶ必要があるのと目標(ピンフラッグ等)が見えないと測れません。対してGPSタイプの場合は腕時計タイプ等持ち運ぶ必要が無いタイプが多いが精度はレーザーには劣りゴルフ場のコース情報を最新に更新していく必要があります。タイプ別のおすすめになります。

レーザータイプ
ニコン COOLSHOT 80i VR


VR(手振れ補正)機能・1000Y迄対応・測定完了をサインでお知らせするLOCKED ON TECHNOLOGY・勾配を計算し打つべき距離の目安表示する『ID TECHNOLOGY』搭載・防水、防曇構造・倍率6倍

 

ニコン COOLSHOT20


小型軽量モデル・550Y迄対応・ピンを狙いやすくした「近距離優先アルゴリズム」を搭載・生活防水・倍率6倍

 

ブッシュネル PINSEEKER PRO X2 JOLT


1300Y迄対応・測定完了をバイブレーションでお知らせ・勾配計算『スロープ』機能付き・完全防水・倍率6倍


ユピテル ATLAS AGF-LASER1


660Y迄対応・倍率6倍

 

持ち運びの要らないGPS腕時計タイプ

ガーミン Approach S20


マサ ザ・ゴルフウォッチ スマート

 

本日のまとめ

最近はセルフプレーが主流となりキャディーさんに頼る事が出来ない事も多いです。ナビ搭載カートもありますがほとんどの場合、自分で距離を測らなければなりません。

ヤード杭や歩測(1Y≒大股1歩)でのアナログ方法、レーザーやGPSを用いたデジタル方法。どちらでも構いませんが両方組み合わせれば距離感に磨きがかかり、アプローチやパターの距離感も良くなりそうです。