ゴルフ初心者必見!3パット撲滅方法 自宅で出来る練習

前回のグリーンライン読みが良くなっても、その目標地点に真っすぐ打つことが出来なければカップインの可能性は上がりません。そこで今回は、自宅で出来る正確なインパクトを身に付ける為のマットと練習法です。

 

おすすめパターマット
去年ゴルフ雑誌『ワッグル』にも紹介されたパターマット工房PROゴルフショップのマット2種になります。

カップがあるとカップ手前から急な上り坂となる為、強めのパットが必要です。カップの無いタイプの中でも、このマットは実際のベントグリーンに近い感覚で絶妙なタッチの上達を重視した日本製素材100%の上質なパターマットになります。

その中で今回は本芝を再現した標準ベントグリーン『SUPERーBENT』と高速グリーン対策として『BENT-TOUCH』の3メートルを2種選びました。

このマットの大きな特徴はベントグリーンの特徴『柔らかい・密度が濃い・芝方向が多様・カールして寝ている』この4つの要素を限りなく再現している点になります。更に変な芝目が無く『巡目・逆目』二つのボールスピードが味わえます。

そして更にセット品として練習に最適な『距離感マスターカップ』が付いてきます。昔から「カップを30CM程度オーバーするタッチ」が最も効果的でカップインする確率が一番高いと言われています。

カップギリギリで到達するジャストタッチでは、少しの違いでショートしますし、また球勢が落ちた際に芝目や傾斜の影響を大きく受けることになります。またカップインせずに通過した場合、返しを確実に決められる範囲にボールを止める事を理想とした練習アイテムになります。

 

自宅で出来るおすすめ練習法

コインを使った練習
いつものボール位置にコインを2枚重ねて置き上の一枚だけを打つ練習です。コインを遠くに飛ばす必要はありません。
レッスンの神様と呼ばれた『田原紘プロ』もおすすめするこの練習では上下の打点のバラつきを防ぎ、転がりの良いボールを打つ事が出来るようになります。

もう一つはパターヘッドの溝にコインを乗せる桃子プロ直伝パター練習法になります。ヘッドの溝にコインを置くことで身体とヘッドの一体化を意識する事が出来、ヘッドの重さを感じて打つと球の転がりが良くなり距離感が合いやすいとの事です。インパクトの時点ではコインが落ちても問題ありません。

 

ウェッジを使った練習
パターの代わりにウェッジを使う練習法です。ウェッジのリーディングエッジでボールの赤道部分にヒットする練習です。これは結構難しいですが上手く出来るようになると順回転の転がりの良いボールが打てるようになります。普段とは違った気分転換にもなります。

 

本日のまとめ

今日まで私のコースでのパターは雑そのものでした。大きな理由はどこかで耳にした、カップを1メートルの大きさにイメージして2パットで入れる。ここに大きな誤解がありました。イメージするのは円です。それを私はカップでイメージしてました。1メートルサイズのカップ・・・これなら強く打てば誰でも入りますよね(*_*;

パター練習は自宅で実際にボールを打つ事が出来る唯一とも言える練習です。パターが苦手な方は是非自宅でのパター練習を頑張り一緒にスコアアップを目指しましょう。