ゴルフ初心者必見!3パット撲滅方法 傾斜とライン

ゴルフの中で最もストローク数の多いパター。しかも練習次第で上級者やプロに勝てる可能性があるのがこのパターです。ただし、真っすぐ打つことが出来てもゴルフ場には傾斜があります。そこで今回は3パットしない為に、傾斜とライン読みが簡単に出来る方法をまとめました。

 

傾斜の確認

グリーンの傾斜に関して最も大事な事はグリーンに上がるまでにあります。まずはグリーンが見えた時点でグリーンを含む全体の傾斜を把握しましょう。通常グリーンは水はけを良くする為にグリーン外の傾斜と一致しています。この時点で傾斜を確認する癖が身につけば格段にレベルアップが可能と言えます。

次にグリーン周りです。先ほど得た全体の傾斜を基にグリーン面の傾斜を確認します。ここで大事な事はグリーンに上がる前に!です。人の目は錯覚しやすい為、グリーン上で確認しようとすると混乱してしまいます。

必ずグリーンに上がる前にグリーンの一番低い所と高い所を確認致しましょう。グリーン手前の花道は低く作られてますのでそこから姿勢を低くする事で確認しやすいです。

 

グリーン上でのラインの読み方

グリーン面の傾斜が確認出来た上で微調整を行います。グリーン上で行う事は
1 ラインの真横からボールとカップの高低差の確認
2 ボール後方からカップまでのラインを読む
3 反対側、カップ後方からボールをみてラインを読む
4 カップ切り口を覗き込みカップ周りのラインを読む

カップを切る際、通常は真上から切るのでカップ上部とグリーン表面の長さの違いで確認する事ができます。またカップ側とボール側から読んだラインが違う場合、通常はカップ側から見たラインの方が当たってる可能性が高いと言われています。

 

アマチュアラインとプロライン

アマライン・プロライン、最近良く耳にする言葉です。簡単に言うとプロラインとはラインを大きく読むことですアマチュアラインはカップより手前で外れてしまうのでカップに入る確率が低くどんどんカップから離れてしまいますがプロラインでは外れてもカップのそばでボールが止まります。

プロラインのように厚く読む事は序盤距離感が合っていなくてもホールを重ねて距離感が合えばカップインの確率も上がってきます。

ラインがイメージ出来たらあとはイメージ通りに打つだけなのですがこれがなかなか難しいです。それはイメージのラインは曲線だからです。

そこで実際に打つ際はイメージしたラインの頂点を目印にそこにボールの向きとフェースを合わせ打つ事で簡単に攻略する事が出来ます。

 

プロラインの注意点

断然おすすめなプロラインですが一点だけ注意が必要です。それは難しい下りのパットが残りやすい事です。ですので普段セカンドパットが残りすぎる方はプロライン、逆に普段から下りを残し3パットしてしまう方は厚く読みすぎているのでアマラインとのバランスも意識してみましょう。