丸目ボルボとは・・・ 帝人VOLVO244GL


今回、全くゴルフには関係有りません(〃^∇^) サイトタイトルの~丸目ボルボに乗って~のお話だけになります。ゴルフ場への愛車を2015年、沢山悩みましたが購入決定しました。

 

帝人ボルボ 1978年式VOLVO244GL

1974年に発表された200シリーズですが丸型2灯のヘッドライトを付けたモデルでは最終になります。また当時、世界一厳しいと言われた「昭和53年排気ガス規制」を輸入車としてはじめてクリアしたモデルでもあります。燃費を計算するとL=8.0Km位でしょうか。

92年式240ワゴンからの乗り換えですが格段に遅いです。足回りもフワっとしており時速100KMを超そうもんなら「ビー!!!」っと警告音が鳴ります( ゚Д゚)まるで、「のんびり焦らずいきましょうよ。」そう言われてるみたいです。

せっかちな私の「スローライフ」の始まりです。

 

 

私のファーストボルボ VOLVO240ワゴン

92年式になります。サーファー・芸能人・アパレル・カメラマン等、スタイルに拘る人達から賞賛されつづけるFRボルボ。セダンとワゴンの2タイプあるボディーですがこの形状ではワゴンが断然人気なっています。

中でもスモールウインドウのタイプは人気で後期から改造される方も良くいらっしゃいます。オーナー様に役立つ機能としましては自己診断機能(ダイアグノーシス)を備えており自分で故障箇所の特定をする事も可能です。

 

おまけ
本来私のセカンドボルボとなるはずでしたが即売却。
外装含めて修理やファーストカーとの合体も考えておりましたがお世話になってる専門店の社長と色々話し合って断念することにしました。

 

VOLVO Story
公式サイト「The Story of Volvo Cars」

古い車種から新しい車種まで。丸目2灯は残念ながら登場無しです。240シリーズは角目4灯が代表して登場です。

 

本日のまとめ

240シリーズの購入を検討する際よくある定番トラブルと云えば冷房の効き・センサー不良・ワゴン特有のリアゲートのヒンジ内を通る配線の断線があります。勿論中古車ですから不具合も故障もあります。しかし上記に挙げた定番トラブルもきちんと直せば全く問題無く乗り続ける事が出来ます。

何故なら発売から20年以上経った今も大概の部品なら購入する事が可能だからです。問題なのはエンジンルームも広く整備がしやすい為、中途半端な修理・間違った修理ををされてしまってる固体が多いのではないかと私は思います。

私もファーストカー購入の際はオークションで格安購入の為最初は酷い状態でしたがキチンと整備して頂き約10万KM乗り20万KMを超えた売却時でも全く問題無く乗る事が出来ました。中古車は専門店で選びましょう。

 

関東での私のおすすめはこちら


私のお世話になっているお店です。

 


大久保さんのブログも人気です。

 

関東以外ではこちらもおすすめです。

その他

Posted by hidenao